TRAIN SUITE 四季島 乗車記 NO2 [TRAIN SUITE 四季島]


夜間、列車は、北へとひた走り、快晴の朝は、もうすぐ函館です。

車内で就寝後、朝を迎えました。四季島の朝は、とっても早いです~。今は、朝6時です。

5号車で、モーニングコーヒーです~。

DSC_0183 (640x425).jpg


展望車には、誰もいません~。

DSC_0184 (640x425).jpg


函館駅です~。ホームが曲がっているので、先頭から最後尾まで四季島を見ることができます~。

DSC_0187 (640x425).jpg


恒例の記念撮影。

DSC_0190 (640x425).jpg


朝食会場までの空き時間に、函館駅を出てみました~。改札口は、フリーパスです。

DSC_0192 (640x425).jpg


函館の朝市。人もまばら。朝早いので、ちょっと寒いのですが、この後日中は、北海道とは思えないくらい暑くなります~。

DSC_0194 (640x425).jpg


DSC_0198 (640x425).jpg


DSC_0203 (640x425).jpg


ここからは、バスで朝食会場に移動します。スタッフさんご苦労様です。

DSC_0206 (640x425).jpg


路面電車が走っています。市民の足って感じです~。いい感じ。

DSC_0208 (640x425).jpg


バスで到着の朝食会場。「冨茂登」という、有名な料理屋さんだそうです。無知な私は全く知りませんが、、、、。

DSC_0209 (640x425).jpg


通常は、朝食を提供していないそうです。きれいに配膳されています。ガイドの方の話では、ミシュランの2つ星だそうです。ミシュランに載ったお店とお料理は、初めてです~。はて、どんなお食事なんだろう?楽しみです~。


DSC_0211 (640x425).jpg


イカそうめん。「良いイカが入ったので」と、料理長兼オーナーの方がおっしゃっていましたが、ん?普通です。何やらいろいろな味が入っていて、イカの味がしません。醤油だけのほうが美味しいみたい。

左手のものは、真タコ温州仕立て、だそうです。ん~~~微妙。

DSC_0214 (640x425).jpg


さて、お吸い物を、、、。はあ~、ぬるい。今持ってきていただいたのですが、ぬるいです~。

紅鮭三平汁。ちょっと生臭かった。ぬるいせいだと思う。

DSC_0221 (640x425).jpg


いくら御飯です。これもまた、、、、。どうも私の口には合わないみたいです。ミシュランって、私のような下世話な人間の口には合わないみたいです~。

DSC_0223 (640x425).jpg


デザートは美味しかったです。熨斗梅が何とも言えませんでした~。

DSC_0224 (640x425).jpg


朝食も終わり、バスで移動して、アイヌ民芸館へ。

DSC_0225 (640x425).jpg


20分ほど踊ってくれました~。とっても有意義な時間でした。

DSC_0229 (640x425).jpg


DSC_0230 (640x425).jpg


その後、旧日銀あとの金庫室へ。分厚。!(^^)!

DSC_0233 (640x425).jpg


DSC_0235 (640x425).jpg


DSC_0239 (640x425).jpg


ガイドの方の説明も丁寧で良かったです。

DSC_0241 (640x425).jpg


アイヌの衣装を着ての記念撮影。ちょっと気恥ずかしいです~。

DSC_0253 (640x425).jpg


貸切の路面電車で、市内を移動します。

DSC_0256 (640x425).jpg


函館管内の路面電車で、一番古いものです。私の子供のころに金沢でも走ってました~。懐かしい~~~~。

久々の路面電車は、とってもノスタルジックでいいものでした。

DSC_0263 (640x425).jpg


DSC_0264 (640x425).jpg


函館のちょっと変わったところを色々と見学して函館駅に帰ってきました。立派な壁画?すごく大きくて、見ごたえありました~。

DSC_0271 (640x425).jpg


函館を出発です。朝市で買い込んだお土産がいっぱいです~。函館では、コースが分かれています。われわれは、縄文コースだそうです。ですから乗車している人は、半減しています。また青森で合流するみたいです。

DSC_0274 (640x425).jpg


出発です。単線を一路、登別へ向かいます。ディーゼル音を響かせて、走ります。

DSC_0279 (640x425).jpg


景色が何とも言えません。良いお天気でよかったです。今年の四季島の旅では、ほとんど北海道は、雨模様だったそうです。われわれは、運が良いようです。

DSC_0284 (640x425).jpg


そうこうしているうちに、昼食です。楽しみです~。車内の食事は本当においしいです~。

DSC_0321 (640x425).jpg


スタッフの方々は、忙しく動きまわっています。

DSC_0323 (640x425).jpg


妻君はシャンパン、私は、ハイボールです。

DSC_0324 (640x425).jpg


桜鱒と林檎。とってもしっとりとした鱒です。とっても美味。

DSC_0325 (640x425).jpg


王様シイタケと、ホタテ。肉厚でとても大きなシイタケです。能登手毬のような大きさです。

DSC_0329 (640x425).jpg


ひこま豚と蕪とフキノトウのソース。フキノトウは、私苦手なのですが、これはいける!

DSC_0334 (640x425).jpg


続いて、ワインもいただきました~。

DSC_0336 (640x425).jpg


最後のデザートもとっても美味。ふっくりんこ(RICE)と苺のデザート。初めて食べる。おいしい。

DSC_0337 (640x425).jpg


DSC_0340 (640x425).jpg


もうすぐ、登別です。降車に備えて、5号車で待機です。ホームには、すでにお出迎えの方々がいらっしゃいます。

DSC_0341 (640x425).jpg


何やら、鬼さんとふっくらおじさんのお出迎え。市の観光課の公務員さんです~。お話がとっても面白かったです~。


DSC_0342 (640x425).jpg


DSC_0346 (640x425).jpg


近くの水族館からペンギンのお出迎えです。


DSC_0353 (640x425).jpg


クルーもお見送り。ご苦労様です~。


DSC_0360 (640x425).jpg


バスと四季島の併走中です。

DSC_0366 (640x425).jpg


当然四季島が速いので追い抜かれます~。さよなら~。四季島は、今から札幌の操車場まで行って、一休みだそうです。

ご苦労様です~。<m(__)m>

DSC_0367 (640x425).jpg


大漁旗に四季島。

DSC_0371 (640x425).jpg


ここがペンギンさんの水族館。水族館らしくないな~。遊園地?お城も見えるし~。

DSC_0374 (640x425).jpg


登別の地獄谷です~。


DSC_0376 (640x425).jpg


太鼓の演奏をわれわれのためだけに、会場がセットされています~。

DSC_0383 (640x425).jpg


兄妹だそうです。とっても仲好さそうです~。演奏も迫力満点でした^。

DSC_0386 (640x425).jpg



ホームにお出迎えの鬼もいます~。

DSC_0389 (640x425).jpg


そして偶然ですが、この太鼓、石川県の白山市のものでした~。演奏者の妹さんは、1年間白山市の浅野太鼓に勤めていたそうです~。おお~、奇遇です~。ちょっと話で盛り上がりました~。


DSC_0390 (640x425).jpg



そして、今夜のお宿、滝の家です。立派な玄関です~。

DSC_0401 (640x425).jpg


北海道の四季島バスです。ちょっとグレードが落ちました~。

DSC_0402 (640x425).jpg


ウエルカムのお茶。

DSC_0406 (640x425).jpg


お部屋は、立派なお部屋でした。

DSC_0410 (640x425).jpg


寝室~。


DSC_0411 (640x425).jpg


リビング。

DSC_0412 (640x425).jpg


DSC_0413 (640x425).jpg


洗面。

DSC_0414 (640x425).jpg


お風呂。露天風呂であります。

DSC_0415 (640x425).jpg


食事室。凄い設備です。

DSC_0416 (640x425).jpg


お部屋の玄関ではなく、給仕専用のこの扉から給仕されます。

DSC_0417 (640x425).jpg


喫煙所兼ベランダ。木の扉の向こうは、露天風呂です。

DSC_0418 (640x425).jpg


あまり北海道とは、相性が良くないのか、、、。設備は立派なのですが、お料理は、、、、、、。

先付と前菜です。同時に出てきました~。

上段が先付で、真つぶ酒蒸し。

下段の前菜は、タコの湯引き、わさびな、アスパラサーモン巻、車エビ千草揚げ、寿司

DSC_0420 (640x425).jpg


鰈とヒラメのお作り、白身が2品?左手の黄色いもの、このつけだれは美味でした。醤油を泡立てたものです。美味。

お吸い物は、やはりぬるいです~。

DSC_0425 (640x425).jpg


ちょっと食べたのですが、十勝牛のローストです。ぬるい。焼いてから時間がたってます。ソースもいまいちでした。

DSC_0430 (640x425).jpg


最悪だったのが、妻君の注文した、焼きタラバです。ぬるいのでなく、冷たい。焼いてから何時間たっているのやら、、、なんともはや、、、、。

DSC_0432 (640x425).jpg


桜鱒木の芽焼き。知床鶏糀蒸し。普通です。

DSC_0435 (640x425).jpg


何かわかりませんが、味がしません。

DSC_0436 (640x425).jpg


最後のデザートは美味しかったです。

DSC_0439 (640x425).jpg


設備に問題もなく、お風呂もとっても良かっただけに、お食事のことだけは、看過できませんでした。


別に豪華なお食事を希望しているわけではないのですが、なんともはや、、、、。

熱いものが熱いまま出てくれば、これもごちそうなんですが、、、。大きくなり過ぎた旅館の宿命なのでしょうね。

四季島の車内のお料理は、とってもおいしいのに、なぜ北海道の地のお料理は、このようなことになるのか、単に私の口と相性が悪いだけかもしれません。


げんに、明日青森での夕食は、この旅で一番おいしい食事と、出会うことになるからです。!(^^)!


設備は整っているし、いい旅館だとは思いますが、いかんせん人が作るサービスに問題アリです。

仲居さんも少々癖のある方でした。それと唯一、この旅で、初めて飲み物の料金を旅館から請求されました。高々、ビールとお酒だけののですが、、、、、、これまで、朝(冨茂登)の食事の時でも、飲み物無料だったのに、この旅館は、有料でした。これはちょっと不合理な気がしました。


北海道は、期待値が高かっただけに、お食事が残念な結果になり、少々寂しかったです。


でも、四季島の旅は、快適なものです。もう少し宿や食事処の選択をうまくしてくれれば、もっと快適なものとなるように思います。

NO3に続きます。御拝読ありがとうございました。


nice!(1)  コメント(4) 

nice! 1

コメント 4

タッチ

yossyさん、こんばんは~。

№2、待ってました~ !(^^)!
お天気良くなって、本当に良かったですネ。
ちなみに、函館で朝食会場へバスで移動する際にお見送りしてくれたスタッフの中にいらした、メガネの大柄な男性(Aさん)は、前職が北海道の旅館だそうです。。。

現地でのお食事、残念でしたね (^^;
けれど青森でのお食事レポ、楽しみです~ (^O^)/

№3も楽しみにしていま~す!!
じっくり待ってますので。慌てずに、進めて下さいマセ。
P.S.
 6/30の塩山は、とっても暑かったです (*_*;
by タッチ (2018-07-03 20:51) 

yossy

タッチさん、おはようございます。
お天気は本当に良かったです~。そんなに寒くもなく、最高でした。むしろ暑いくらいでして、、、。

え?眼鏡の方ですか。ひょっとしたら、牛乳のお話で、盛り上がったあの方かな?四季島で提供された、牛乳が美味しかったので、お代わりをしたら、その方が、「お味いかがですか?」と聞いてくれたので、「この牛乳は、おいしいですね。」と答えると、大変喜んでいただきまして、「今回から私が無理を言って、この牛乳を提供することになりました。」とおっしゃっていました。「お客様にわかっていただいて、大変うれしいです。」
との事でした。なんでも函館の牛乳らしく、以前は違ったみたいです~。

NO3今作成中です。なかなか進みませんが、、、。
6月30日ご苦労様でした。でも、見送りをして頂いた方々は、大変喜んでいたと思いますよ。まだまだ暑い日が続くと思いますので、お体には、十分ご注意ください。ではまた、ご訪問ありがとうございました。


by yossy (2018-07-04 08:47) 

みみん

yossyさん、こんばんは!

2日目も良いお天気に恵まれましたね〜。
函館で路面電車の貸切とは、これまた贅沢でいいですね。
車両も昔ながらで風情があってステキです。
でも函館の朝食はちょっと残念でしたね。
ミシュラン2つ星でも、普段提供していない朝食だと、朝早くから調理となるし、新鮮な海の幸の入荷など色々難しいのでしょうかね。

でも打って変わって、列車内の食事がとっても美味しいようで良かったです(^-^)
北海道の料亭もお宿も動く列車のキッチンに負けてはダメですよね〜。

登別の滝の家、高級旅館として名前は知っていました。
お部屋は凄く豪華ですね。お部屋の露天風呂も気持ち良さそうです。
しかし、お食事がイマイチでしたか(^_^;)
焼きタラバが冷たいのは、うーん…ですね。
お椀もぬるいとか、ちょっと残念でしたね。折角の北海道の素材が勿体無いですね。

でも次の青森が美味しいのですね!
どんなお食事か楽しみにしていまーすo(^-^)o
by みみん (2018-07-10 00:10) 

yossy

みみんさん、こんばんは~。

お天気には恵まれました~。私これでも結構、晴れ男です~。
旅行先の雨は珍しいほうです~。
最終日は雨に降られましたが、、、。

ミシュランのお店は、私にとっても初体験で結構楽しみにしていたんですよ。期待後大きすぎたのか、少々残念な結果です。これも私の好みかどうかですので、あまり参考にならないかも、、、、。

四季島のお料理は本当に洗練されていておいしかったです。
登別の温泉は、とってもいい感じで、ゆっくりと何度も入りました~。部屋露天もとっても気持ちの良いものでした。設備も申し分なかったんですが、ほんとお食事だけが、、、。

青森の夕食は、期待してください。本当に良かったです~。
今書き込み進めています~。今週中にはUPできると思います。
ご訪問ありがとうございました。

by yossy (2018-07-11 21:09) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。