クルーズトレイン ななつ星 NO1 [クルーズトレイン ななつ星]


待ちに待った、ななつ星の旅が近づいてきました。この冬には、妻君の出発直前の怪我によりキャンセルとなりましたが、どうにか再び旅できることとなり、半年遅れの出発です。

自宅には、出発の最終案内のグッズが多数寄せられました。やはり、瑞風や四季島に比べると少々簡素なものですが、いよいよだな~とは思いました。トレードカラーの箱。

2018年10月9日~ 002 (640x425).jpg

中には、スーツケースに付けるタグ。6号車の2号室。偶然でしょうか?2月出発と同じ部屋です~。ひょっとしてデータがそのまま残っていたのかな?なんだか不思議です~。

2018年10月9日~ 003 (640x425).jpg

クリアファイル。行程表が入ってます。

2018年10月9日~ 004 (640x425).jpg

立派な紙ですが、少々簡素です。

2018年10月9日~ 005 (640x425).jpg

なぜか切符が、、、。四季島のようなことなのか、、、、でもちょっと意味合いが違うみたいでして、、、。理由は後でわかります。また、右側のタグは、最寄駅の乗り降りの際、切符の代わりになるようです。フリーパスみたいなものです~。

2018年10月9日~ 007 (640x425).jpg

集合時間は、10時半。金沢からでは、いかなる交通手段でも(車は別ですが)当日出発では無理なことですので、前泊いたしました。JR系列のホテルに宿泊。このホテルでは、隣室の外国人宿泊者が騒いでいて、お部屋の変更を希望。ホテルの対応は、大変スマートでした。UPグレートのお部屋を用意していただき感謝です。


当日は、スタッフがわざわざホテルロビーまでお迎えに来てくれました~。朝9時50分ロビー出ました。クルーらしき女性がすでに待っていました。とっても感じがいいです~。

ななつ星ラウンジ金星がわかりにくいそうで、お出迎えが慣例とのこと。確かにホームからは離れていますが、そんなに難しくなかったです。でも、お出迎えはいいサービスです。他の列車にはなかったサービスでした。そしていよいよラウンジに到着。いい感じです~。

IMG_2208 (640x480).jpg

明るいスペースで、瑞風、四季島のラウンジよりとっても広くて明るくすっきりしてました~。

2018年10月9日~ 011 (640x425).jpg

何となく開放的。

2018年10月9日~ 012 (640x425).jpg

ウエルカムのドリンク。とてもテキパキしてます。

2018年10月9日~ 014 (640x425).jpg

そして飲み物とデザート。とっても美味なブランマンジェ。手馴れてます。

2018年10月9日~ 016 (640x425).jpg

前述の出発前に届いた切符、ここで登場です。ここで切符を切るのです~。この儀式、ようは改札。はさみで切符に「パチン」。この人は、この列車の一番偉い方。とっても気さくな方でした。此の先が楽しみです。

2018年10月9日~ 019 (640x425).jpg

セレモニーも、さすが5年もやっていると、簡素でスムーズ。全員で乾杯があって、いよいよ出発です。他の旅では、ラウンジでかなり待ち時間があったのですが、ほとんど無駄のない時間。

初めての人には、ちょっと愛想もないかも、、。

2018年10月9日~ 022 (640x425).jpg

あれこれしているうちに、号車別に出発です。いたってスムース。出発のベルとともに改札口を出ます。3号車の乗客から出発。われわれは、6号車なので、まだまだです~。

2018年10月9日~ 025 (640x425).jpg

スタッフの案内でホームに着くと、小豆色の車両。とってもきれい~~~。待っていてくださった、博多駅長と記念撮影。ホームには、われわれだけですが、すぐに乗車、あれこれ見て廻る時間はありませんでした。ちょっと残念。でも、今から幾らでも見られます。

2018年10月9日~ 029 (640x425).jpg

外観を楽しむ時間もなく、車内へ。とってもシックで、造作が凝っています。とってもきれいです。

2018年10月9日~ 047 (640x425).jpg

4日間お世話になる、602号室。

2018年10月9日~ 545 (640x425).jpg

室内は、とっても広いです。瑞風、四季島より、断然広く感じられました~。定番ですが、このシートは、夜はベットです~。

2018年10月9日~ 031 (640x425).jpg

テーブルには、右から、水と観光案内のイヤーフォン、真中にクッキー。左は、私だけに支給された、タバコの吸える駅と灰皿の一番近い号車番号が書き込んである表です。これは助かりました。

タバコだけでなく、停車時間や細かな情報が載っていて、とっても便利です~。

2018年10月9日~ 033 (640x425).jpg

一番左には、アメニティの巾着袋があります。男性用と女性用の結び目が違います~。

2018年10月9日~ 034 (640x425).jpg

窓も、カーテンだけでなく、障子もあり、これも組子で作られています。

2018年10月9日~ 035 (640x425).jpg

テーブル下にある、冷蔵庫です。ビール、水、ジュース類が入っています。ただし、我々があまり飲まなかったせいもありますが、この後補給がなかったのです~。他の列車では毎日補給されたのに、、、、。ちょっとびっくり。

2018年10月9日~ 189 (425x640).jpg

お部屋の廊下の壁は、瑞風のような開閉式でなく、四季島同様に密閉型。でも、ガラスにも組子がはめられていて、とってもきれいです。

2018年10月9日~ 037 (640x425).jpg

すべてが木材で構成されていて、とってもきれいです。5年経過には見えません。

2018年10月9日~ 038 (640x425).jpg


2018年10月9日~ 040 (640x425).jpg

動力を積んでいない客車ですので、パンタグラフも無いので、天井を高く作っております。これが開放感を生んでいるのかもしれません。1両に3室は、瑞風、四季島と一緒なのですが、ななつ星は、とってもお部屋が広く感じます。 

2018年10月9日~ 041 (425x640).jpg

トイレと洗面とシャワーです。ここも木材が豊富に使われています。

2018年10月9日~ 042 (640x425).jpg

洗面は、柿右衛門だそうです~。

2018年10月9日~ 043 (640x425).jpg

シャワーも木が張ってあります。

2018年10月9日~ 045 (425x640).jpg

シンボルマークの付いたタオル類。このタオル類も高価で、手が出ませんでした。

2018年10月9日~ 046 (425x640).jpg

 すのこも、凝ったつくりです。

2018年10月9日~ 050 (425x640).jpg

鍵は1つ。大きなキーホルダーで、なくすこともありません。ちょっと外出時は、邪魔でしたが、、。

2018年10月9日~ 048 (640x425).jpg

すぐに、昼食の時間となります。1日目は、最前列の席でした。毎回席は変わります。

2018年10月9日~ 055 (640x425).jpg

機動車が目前です。何ともノスタルジックで、いい感じです。

2018年10月9日~ 062 (640x425).jpg

1日目の昼食は、お寿司です~。

2018年10月9日~ 052 (640x425).jpg

一皿目。列車内で、大将が握ってくれます。

2018年10月9日~ 067 (640x425).jpg

2皿目。どれもおいしいです~。舎利もほんのり暖かく、米が締まっていないので、美味しいです~。

2018年10月9日~ 073 (640x425).jpg

1号車の車内。みなさんたのしそうです~。1号車は、とても開放的。2号車でも食事は始まっています。

2018年10月9日~ 075 (425x640).jpg

そしておつゆ。シンジョらしいですが、私の思うものではなかったですが、すべて美味しいです。アツアツです。何よりのごちそうです。

2018年10月9日~ 079 (640x425).jpg

食事の間には、機動車の付け替え作業です。

2018年10月9日~ 083 (640x425).jpg

先頭が7号車に変わります。前に回り込む様子です。

2018年10月9日~ 090 (640x425).jpg

そして3皿目。どのお寿司もおいしいものでした。満足。特に卵が美味しかった~。

2018年10月9日~ 091 (640x425).jpg

デザートまでありました。甘い梨。

2018年10月9日~ 095 (640x425).jpg

そうこうしているうちに、門司港駅に到着です。終点ですので、バックで入線します。

2018年10月9日~ 097 (640x425).jpg

5年を経過していてもまだ見物の方々がいらっしゃいます~。

2018年10月9日~ 102 (640x425).jpg

じーも君と記念撮影。

2018年10月9日~ 107 (640x425).jpg

なんともきれいな車体です。吸い込まれそうです~。

2018年10月9日~ 108 (640x425).jpg


2018年10月9日~ 111 (640x425).jpg

ガイドさんが案内。

2018年10月9日~ 128 (640x425).jpg

門司の街を探訪。

2018年10月9日~ 129 (640x425).jpg


2018年10月9日~ 130 (640x425).jpg

関門橋です。

2018年10月9日~ 133 (640x425).jpg

お天気にも恵まれて、最高に気分がいいです~。

2018年10月9日~ 138 (640x425).jpg


2018年10月9日~ 146 (425x640).jpg


2018年10月9日~ 155 (640x425).jpg

門司が、バナナにたたき売りの発祥の地とは知りませんでした~。

2018年10月9日~ 160 (425x640).jpg

一通り観光の後、門司港駅に戻りました~。じっくりと列車を見物です。

2018年10月9日~ 171 (640x425).jpg

みなさん、駅でゆっくりと鑑賞です。

2018年10月9日~ 177 (640x425).jpg

列車のドアガラスです。ステンドグラスがきれいです。

2018年10月9日~ 181 (425x640).jpg

廊下のオブジェ。各県が号車ごとに表示。ここは熊本。

2018年10月9日~ 182 (425x640).jpg

廊下には、こんなものも。行程表です。

2018年10月9日~ 183 (640x425).jpg

何度見てもきれいな内装です。

2018年10月9日~ 186 (640x425).jpg

ブルームーンの天井です。凝ったつくりです。

2018年10月9日~ 192 (640x425).jpg

ティータイム。このコーヒーカップとっても気に入ったのですが、お値段が、、、。手が出ませんでした。

2018年10月9日~ 194 (640x425).jpg

クッキーとともに。

2018年10月9日~ 195 (640x425).jpg

旅は1日目。これから宇佐神宮に向かいます。どんな神社でしょう。初めて聞くのですが、、、。

旅は始まったばかりですが、列車の乗り心地は、今までで一番いいかもしれません。あまり良い線路とも思いませんが、揺れは最小限です。走行音も、機動車が先頭車だけのせいか、とても静かです。

昔、客車を機動車で引いている時代、出発時のガチャガチャガチャ~ンという、連結器の引っ張られる不快さが全くないのがすごく不思議でした~。ディーゼル特有の不愉快な変速ショックもなく、いたってスムーズな乗り心地です。旅が楽しみになります。

NO2に続きます。御拝読ありがとうございました。


 

nice!(1)  コメント(11) 

nice! 1

コメント 11

船山史家

こりゃまた凄い旅をされましたね。
博多~博多のクルーズ列車なんだ。金沢からは何で行かれたのですか?
九州ならではの企画ですね。同じ旅、同じ宿ばかりの私には縁が無さそうですが。
こないだ、アガサクリスティ原作のあの洋画を見てしまいまして。この列車もいろんな人が乗ってるんだろうなと思いました。
by 船山史家 (2018-11-03 11:44) 

yossy

船山史家さん、こんにちは~。
ハイ、申し込んで、10回目くらいで当たりました~。中々ご縁がなかった列車です。私もいつも同じ宿ばかりで、行動半径が小さいですが、九州一周は、なかなかでした~。
金沢からは、サンダーバードで新大阪まで出て、その後新幹線のぞみを乗り継ぎまして、5時間少々に旅でした。当然ですが飛行機ではありません。前泊の宿は、JR九州関連のビジネスホテルでした。対応もよく博多駅まで2分くらいの好立地でした~。

この列車の乗客は、ほとんどが私より年上の方々でした。私より若いのは、1組くらいでした~。2回目の乗車という方もいらっしゃいました~。
また、外国人の方が3組いらっしゃいました。
偶然ですが、石川からもう一組と、隣の富山の方もいらっしゃいました、。
ほとんどの方がリタイヤ組です~。
今でもあくせく働いている私とは違い、みなさん悠々自適なのでしょうね。
出もいい旅でしたよ。もう一生ないと思います~。
船山史家さんご夫婦と一緒にこの列車旅ができたら楽しいだろうな~と思います。でもなかなかこの列車の旅は当たりません~。5年もかかりましたので、、、。ご訪問ありがとうございました、

by yossy (2018-11-04 14:06) 

タッチ

yossyさん、こんばんは~。
ななつ星 №1、拝読しました(^O^)/

6号車2号室、絶対にツアーデスクの配慮ですヨ~!(^^)!

ななつ星は、四季島など違って、部屋ごと(もしくは車輌ごと)にデザインが異なるそうですが、6号車2号室は落ち着いてて良いお部屋のように拝見しました~。

yossyさんがおっしゃるように、部屋の中は四季島よりも広く見えま~す。
窓の造作がとても良いですネ~。
お部屋の廊下の壁、ガラスなんですね。。。だから、カーテンがあるんですネ~。
天井も広くて解放感がありますネ~。
洗面の柿右衛門は有名ですが、ぜひ実物を見てみたいです!

こうしてコメントを書かせていただいてる内に、どんどん「ななつ星」に乗ってみたくなりました~(^-^;

№2が楽しみです~。
by タッチ (2018-11-04 20:12) 

yossy

タッチさん、こんばんは~。
御来訪ありがとうございます。やっぱりそうですよね。こんな偶然はありませんよね。当初は、余り2号室は好きではなかったのです。お隣の部屋と寝室が近くて、ちょっと、、、と思っていたのですが、その気宇は不用でした。お隣との音も気にならず、むしろ車両の真ん中ですので、車輪の振動が直接伝わらず、とても静かで、振動も少なく快適な旅ができました。機動車がない列車はとても静かでいい感じでした~。瑞風や四季島は、電気での走行はいいのですが、ディーゼルでの走行時は、かなりの音が響いたような気がしています。

本当にななつ星のお部屋は広かったです。最初にお部屋に入った印象は、豪華というより「広い!」が第一声でした。そして簡素ですが落ち着く感じでした。
おっしゃる通り、廊下の扉はガラス張りなのです。ですからカーテンが必需品です。でも、寝るとき以外はカーテンは必要ありませんでした。
ガラスの扉もこのお部屋の解放感に繋がっているように思いました。
車内は、全体が木の彫刻の様で、とっても雰囲気が良いです。

柿右衛門の洗面は、各部屋デザインが違うようです。
ぜひともタッチさんも乗ってください。しきしまもいいですが、このあずき色の車体もとってもいい感じです。
今NO2を編集中です。ご訪問頂きありがとうございました。


by yossy (2018-11-04 21:28) 

みみん

ななつ星シリーズ始まりましたね〜!
申し込みから10回目で当選されたのですか(@0@)
やっぱり大人気の旅なのですね。

小豆色の列車、とても上品な深みのある色で素敵ですね♡
オリエント急行も深みのあるブルー色や小豆色ですし、こういう車体の色は大好きです。
見ているだけでうっとりします♡
それに3泊4日も乗られたyossyさん、いいなあ〜。
日記で疑似体験させていただきますね〜。

お部屋の天井が高いのは良いですね。
昔、北海道から上野まで北斗星の個室に乗った時、あまりに天井が低くて酔ってしまったのです。
天井が高い個室列車は憧れです⭐︎(^-^)⭐︎

ななつ星は部屋ごとに内装が異なるのですね。
経済力があれば、何度も乗って違う部屋を楽しむことができるのですね。すごいなあ。

九州は景色も雄大で美味しいものも沢山ありますし続きが楽しみです。
のんびりアップで構いませんので、ワクワクしてお待ちしています〜(^0^)/

by みみん (2018-11-05 14:02) 

yossy

みみんさん、こんばんは~。
最初の申し込みから早5年、やっと当たったのです~。申し込めば申し込むほど、確率が上がる抽選だそうですが、どのようなシステムかは不明です。瑞風や四季島よりも倍率はいまだに高いみたいです。
この色が人気なのか、本当にきれいな色です。私の頃の列車と言えばこの色だったのですが、艶や深みが全然違います~。
これで3列車載ったのですが、どれもこれも印象が深いのですが、列車内の居心地は、ななつ星が一番のように思えます。やはり広く当たるのがいいのかもしれません。
確かに、お部屋ことにソファーベッドの柄や、柿右衛門の洗面の模様が違うようです。組子も微妙に違っていました。
それと食事では、一番当たりはずれが少なかったみたいです。
今必死にNO2を編集中です。もうしばらくお待ちくださいね。
ご訪問ありがとうございました。

by yossy (2018-11-06 21:05) 

でこ

素敵~~~~!!!
素敵~~~~!!!
素晴らしい~~~!!
もうそれ以上の言葉は必要ないですねぇ~

こんな「ななつ星」に3泊も!!!
もう夢の世界じゃないですか~~
毎回言ってますが「奥様、お幸せだわ~」

これで3つすべて制覇ですね。
日本中探しても、そんなお幸せなご夫婦は
数えるほどしかいないのでは?

やはりリタイア組が多いんですね~
当然といえば当然かもしれませんが
ちょっと安心しました。
これで若い夫婦が乗ってたら
蹴とばしたくなりますもん・苦笑

外国人が3組って
どこのお国の方ですか?

次はぜひとも「ガンツー」乗っちゃって下さい!!

私はクラブツーリズムで
2泊3日で出雲大社39800円のツアーに行ってきました。
新幹線利用で2泊もして4万以下。
超~~~お値打ちよ!(≧▽≦)
ななつ星の料金で、何百回行けます??笑笑

続き、楽しみにしてまーす。(^^)

by でこ (2018-11-20 12:06) 

ここ

yossyさんはじめまして。
私は今年の夏に四季島に乗車したのですが、その前調べで色々と検索していたところ、こちらのブログを見つけ、熟読させていただきました。
北海道でのお宿以外事前に疑似乗車体験ができ、おかげで疑問も不安もなく四季島の旅を楽しむことが出来ました!
(代わりに驚きは一切なかったのですが…^^)

そして今度は1月にななつ星に乗車予定なのですが、なんとまたyossyさんが乗車されたとの記事を発見!
しかも同じく3泊4日コース。
あまりの偶然に、コメントせずにはいられませんでした。
ななつ星の旅も満喫すべく、yossyさんのブログで勉強させていただきたいと思います。

次の更新を楽しみにしております。
by ここ (2018-11-20 15:36) 

yossy

でこさん、こんばんは~。
お久しぶりです~。貴女のブログは、良く拝見しています。このところ仕事が詰まっていてなかなか書き込めませんが、いつも素晴らしいお宿に宿泊されていて羨ましいです~。!(^^)!
ぜひでこさんも、ななつ星にご乗車ください。決して損はないと思います。
3列車を乗ってみて、思ったのは、世の中には、色々な人が数多くいらっしゃるな~。みなさん凄かったです。私なんかが乗ってはいけないような感じでした~。確かにリタイヤ組が多かったですが、現役の方々もいらっしゃいました~。
外国の方は、インド、シンガポール、もう一組は、わかりませんでした~。
ななつ星には、色々な枠があるみたいで、外国人枠もあるのかもしれません。スタッフも英語の堪能な方が同乗されていました~。
ガンツーは、まだ詳しくは調べていませんが、料金は、ななつ星とは比較にならないみたいです~。
出雲大社、いいですね~。またゆっくりと拝見させていただきます。
ご訪問ありがとうございます。私も寄せて頂きます。
by yossy (2018-11-20 18:12) 

yossy

ここさん、初めまして。
御来訪ありがとうございます。
そうですか、四季島にお乗りになったのですね。よかった~。
ご感想はいかがでしたか?私は、とっても近代的で、スマートな印象でした。何となく洗練されていて、とても居心地がよかったです。
お食事は、個人差がありますので、なんとも言えませんが、すべてが豪華だったように思います。私の記事がお役にたったみたいでとっても嬉しいです。
偶然ですね。ななつ星も乗られるようで、何か御縁を感じます。
ななつ星、楽しんできてくださいね。お部屋は、記事にも書きましたが、四季島より広く感じると思います。また、四季島とはとがった車両で、とってもいいですよ。スタッフも5年先行しているだけあって、手馴れています~。四季島ほどセレモニーの時間が長くないので、あっさりしてます~。
急いで、NO2頑張ってUPします。
ご訪問頂きましてありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。<m(__)m>
by yossy (2018-11-20 18:20) 

RamonHep

<a href=https://adti.uz><img src="https://i.ibb.co/Db0tQQV/141.jpg"></a>



Over the years of independence, the institute has trained more than 13000 physicians (including 800 clinical interns, 1116 masters, 200 postgraduates and 20 doctoral students) in various directions.

870 staff work at the institute at present,<when>] including 525 professorial-teaching staff in 55 departments, 34 of them are Doctors of science and 132 candidates of science. 4 staff members of the professorial-teaching staff of the institute are Honoured Workers of Science of the Republic of Uzbekistan, 3 – are members of New-York and 2 – members of Russian Academy of Pedagogical Science.

The institute has been training medical staff on the following faculties and directions: Therapeutic, Pediatric, Dentistry, Professional Education, Preventive Medicine, Pharmacy, High Nursing Affair and Physicians’ Advanced Training. At present<when>] 3110 students have been studying at the institute (1331 at the Therapeutic faculty, 1009 at the Pediatric, 358 at the Dentistry, 175 students at the Professional Education Direction, 49 at the faculty of Pharmacy, 71 at the Direction of Preventive Medicine, 117 ones study at the Direction of High Nursing Affair).

Today graduates of the institute are trained in the following directions of master's degree: obstetrics and gynecology, therapy (with its directions), otorhinolaryngology, cardiology, ophthalmology, infectious diseases (with its directions), dermatovenereology, neurology, general oncology, morphology, surgery (with its directions), instrumental and functional diagnostic methods (with its directions), neurosurgery, public health and public health services (with its directions), urology, narcology, traumatology and orthopedics, forensic medical examination, pediatrics (with its directions), pediatric surgery, pediatric anesthesiology and intensive care, children's cardiology and rheumatology, pediatric neurology, neonatology, sports medicine.

The clinic of the institute numbers 700 seats and equipped with modern diagnostic and treating instrumentations: MRT, MSCT, Scanning USI, Laparoscopic Center and others.

There are all opportunities to carry out sophisticated educational process and research work at the institute.

Source:
https://adti.uz/doktorantura/
<a href=https://adti.uz/doktorantura/>medical institute in Uzbekistan</a>

Tags:
medical institute in Uzbekistan
first medical institute faculties
student electronic medical library
Medical Institute of CIS

by RamonHep (2021-05-27 08:13) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。